キミに信頼される大人になる。

沖縄が生んだスーパー予備校 即解ゼミ127°E

お問い合わせ [おもろまち校]

フリーコール(通話料無料)0120-917-127

即解ゼミ127°E > 特別ページ > センター結果報告

センター結果報告

平成27年度(2015年度)

2015年センター試験 今年もすごい結果を出せました!!


2015年も全国平均を大幅に上回る科目多数!

国語
今年は全体的に易化しましたが、即解生は今年も頑張ってくれました。勝因は、総合的に得点することです。
4月まで漢文を学んだことのない生徒も本番で満点をとっています。最後まで古典を捨てずに諦めないことが大切です。
友井先生
藤野塾長
今年の数学ⅡBは、公式や過去問の単純な暗記では解けないような難問が多く、今後のセンター試験の方向性を示しているように思われます。
徹底的な計算力の強化と、根本的な理解を中心に据えた授業を展開していきますので、是非体験してください!
数学ⅡB
英語(筆記)
センター英語本試は、大問2,3で出題形式のマイナー変更はあったものの、平均点はそれぞれ、筆記が116.17点、リスニングが35.36点、昨年比では筆記が-2.7点、リスニングが+2.2で大きな波乱はなかった。これに対し、既卒の即解生の平均点は筆記が131.4点、リスニングが38点で、全国平均を各々15.3点、2.6点上回った。特に医学科受験生の躍進は目覚ましく筆記の成績で9割を上回った生徒は41人に登った。
葛島先生

新課程の理科対策もバッチリ!!

大内先生
今年の新課程物理は、範囲が広くなっても難易度自体は変わりませんでした。
まず授業で物理の本質をつかんだ上で、センター試験独自の定性的な問題などを演習することにより仕上げていきました。よって、即解生はこの難易度でも十分対応できたと思います。
物理
化学
センターの化学専門で高得点を取るには、化学基礎の範囲も理解は必要。実際、基礎範囲からの出題も有りました。
二次試験での、基礎・専門の全範囲からの出題のされ方も踏まえ、しっかりと「理解」させていきます。
平田先生
土居先生
今年のセンター生物は、新課程・旧課程ともに史上最難の試験でした。
そんな中、即解生は生物選択者の誇りをかけて立派な点を取りました。
「生物は楽しいけど範囲が広すぎて…何をどこまでやればいいのか全然わからない!」僕はその全てを楽しく完璧に!お教えします。
生物

ご存知ですか?看護系は、生物必須の大学も多いので即解ゼミの看護対策は最強です!小論文も強力にサポート!!


このページの上へ