一人ひとりの今をフォローする

沖縄のパーソナル予備校 即解ゼミ127°E

お問い合わせ [おもろまち校]

フリーコール(通話料無料)0120-917-127

即解ゼミ127°E > 講師紹介 > 葛島 康生(英語)

葛島 康生(英語)

英文法の理解精度が、ときに
正答と誤答の分かれ目になる

葛島 康生
(英語)
それって読めてるの?

沖繩には2000年に来ました。当時G8サミットが名護市で行われ、世界から沖繩が注目を浴びた時期でした。来沖後すぐ那覇のバスターミナル付近にあった英語専門塾で教え始めます。大学生や米軍基地内従業員や県庁職員などの社会人を相手に英検、TOEFL、TOEICなどの英語の資格試験の受験サポートが主な仕事でした。生徒の多くは仕事などで日常的に英語を使い、英語の文書をスラスラ読めるとのことで、沖縄県民の英語力の高さに感心したのを覚えています。しかし、実際に指導を初めてみると、意外な読み違いをしていることに気づきました。原因は語彙の暗記に重点を置く一方、文法への理解が不十分なため、単語の知識をベースに、「雰囲気」に頼る読み方に終止しているからでした。しかし、それでは正確な英文の読解は望めません。

予備校国語講師 葛島
英文法の知識は、正確な読解や英作文に不可欠

最近高校では,英文法をきちんと教えないと言われています。実際に共通テストではセンター時代のような文法問題は1題も出題されません。加えて、英文法の学習は煩雑極まりないです。例えば、不定詞1つを取っても、名詞的用法、形容詞的用法、副詞的用法3つの用法があり、さらに形容詞的用法には3つのバリエーションがあり、副詞的用法には5つの種類があるなど、高校生なら誰もが学校で習うことが、それを覚えることの実益がよくわからないため、定期テストが終わると綺麗サッパリ忘れ去られます。 一方、“He would be almost impossible to make embarrassed.”というセンテンスがあります。これを多くの生徒は「彼はほぼ不可能だ。辱められるために。」などと意味不明な訳をします。けれども、この文は”It’s almost impossible to make him embarrassed.”に変換できると知っている生徒は、「彼に羞恥心を感じさせるのはほぼ無理だ。」「彼はほとんど厚顔無恥だ。」と訳すことができます。このような文法への理解の精度が時に正答と誤答の分かれ目になるということを忘れないで欲しいと思います。また、英文法の知識は、正確な読解や英作文において依然として不可欠であるということも強調しておきたいと思います。


関連ページ: 講師紹介

このページの上へ