一人ひとりの今をフォローする

沖縄のパーソナル予備校 即解ゼミ127°E

お問い合わせ [おもろまち校]

フリーコール(通話料無料)0120-917-127

即解ゼミ127°E > 講師紹介 > 西銘 貴志(国語)

西銘 貴志(国語)

小さな“できる”を
積み重ねよう

西銘 貴志
(国語)
受験生を応援したくて教員から予備校講師へ

私は、高校の時に教員を志望し受験勉強をしたものの、当時は勉強が得意でなかったために、2回浪人してしまいました。やっとの思いで琉球大学の教育学部に入学し、卒業後は公立高校の教員として働いたこともありましたが、自分が受験に苦労したということから、受験生を応援したいという気持ちが元々強かったため、予備校という選択をすることにしました。そして即解ゼミに入社し、それから教育に対する価値観がガラリと変わりました。同僚と研修や相談を重ねながら、どうすればより良い教育になるのかということを真剣に考え合うことで、日々良い意味での変化をしているので、この仕事は、生徒を応援することが自分の成長に繋がるという点がすごく面白いと思っています。

“できる”を増やして楽しむ場
予備校国語講師 西銘

大学受験は、人生の大きなイベントの一つだと思っています。勉強はつらいこともありますが、知識を身につけた時の楽しさや喜びもあるはずです。一つずつ階段を上って“できる”楽しさを感じることを心がけて授業しています。日々小さな“できる”を積み重ね、最終的には大きな目標へとたどり着けるようにしましょう。また、塾にはたくさんの生徒や職員がいるので、多くの人と関わり共に成長できる場にしてほしいです。仲間がいれば、それだけで心強いですし、切磋琢磨できるはずです。即解ゼミを自分の居場所と思い、受験を乗り越えましょう。後で振り返って「頑張って良かった」と思えるように一緒に頑張りましょう。


関連ページ: 講師紹介

このページの上へ